この動画は単品販売の商品です。ご注文後、この動画をすぐにご覧いただけます。
ログインまたは会員登録をしてご購入をお願いします。ご購入済みの方はログインをお願いします。

猫の会陰尿道造瘻術の再狭窄に対するアプローチ

▪️経過
今年2月 他院にて会陰尿道造瘻術の1回目の手術を実施
4月 開口部狭窄を起こしたため、他院にて2回目の手術を実施
6月上旬 今回手術依頼された病院へ来院。開口部は再び狭窄し3frの栄養カテーテルをかろうじて挿入
6月下旬 27G留置針も入らず
7月上旬 今回の手術を実施



※こちらの動画は、VETS CHANNELでもご覧いただけるコンテンツです

この動画は単品販売の商品です。ご注文後、この動画をすぐにご覧いただけます。購入済みの方はログインをお願いします。
猫の会陰尿道造瘻術の再狭窄に対するアプローチ 3,600円

単品販売

2021-12-23  26分

講師 大西 勝久 先生 (出張手術サービス)
動物 雑種猫,オス,7歳,4.4kg
タグ 軟部外科 / 腎・泌尿器科