この動画は月額または年額課金制の有料コンテンツの商品です。ご注文後、この動画を含めたこのチャンネルの有料コンテンツの全てをすぐにご覧いただけます。
ログインまたは会員登録をしてご購入をお願いします。ご購入済みの方はログインをお願いします。

犬と猫の非心原性肺水腫

非心原性肺水腫は陰圧性・神経原性・再膨張性・ARDSの4つに分類され、その病態により必要となる治療法は異なります。
本講義では利尿剤の投与方法や気道液のTPの値など心原性肺水腫との違いを踏まえながら、診断から治療法まで詳しく解説していただいています。

この動画は月額または年額課金制の有料コンテンツの商品です。ご注文後、この動画を含めたこのチャンネルの有料コンテンツの全てをすぐにご覧いただけます。購入済みの方はログインをお願いします。

・月額プラン=月払いで自動継続
・年額プラン=年払いで自動継続
・スタンダード=登録可能再生端末は3台まで
・アドバンスト=登録可能再生端末は10台まで

また、初めてこのチャンネルの有料コンテンツをご注文の方は「初月は無料」です。
VETS CHANNEL 月額プラン(スタンダード) 9,900円
VETS CHANNEL 月額プラン(アドバンスト) 27,500円
VETS CHANNEL 年額プラン(スタンダード) 99,000円
VETS CHANNEL 年額プラン(アドバンスト) 275,000円

有料コンテンツ

2020-12-22  35分

講師 塗木 貴臣先生(TRVA 夜間救急動物医療センター)
動物 犬,猫
タグ 非心原性肺水腫