この動画は月額または年額課金制の有料コンテンツの商品です。ご注文後、この動画を含めたこのチャンネルの有料コンテンツの全てをすぐにご覧いただけます。
ログインまたは会員登録をしてご購入をお願いします。ご購入済みの方はログインをお願いします。

鑑別診断 The Basic for 臨床医 第26回「骨折後有害事象」

骨折整復後の有害事象と言われると、筋萎縮、インプラント破綻、骨髄炎、癒合不全などを考える先生が多いのではないでしょうか。
本講義の症例は、ラブラドール・レトリーバー、14歳齢、避妊雌、21㎏で、2歳時に脛骨骨折整復で用いたプレートが破損したとの主訴で来院されました。
食欲も廃絶し自力起立不能を呈している本症例に対して考えられる鑑別診断はどのようなものが検討されるでしょうか。
遭遇頻度は低いけれども知識としておさえておくべき鑑別診断のポイントを、井坂光宏先生に解説していただきます。

この動画は月額または年額課金制の有料コンテンツの商品です。ご注文後、この動画を含めたこのチャンネルの有料コンテンツの全てをすぐにご覧いただけます。購入済みの方はログインをお願いします。

・月額プラン=月払いで自動継続
・年額プラン=年払いで自動継続
・スタンダード=登録可能再生端末は3台まで
・アドバンスト=登録可能再生端末は10台まで

また、初めてこのチャンネルの有料コンテンツをご注文の方は「初月は無料」です。
VETS CHANNEL 月額プラン(スタンダード) 9,900円
VETS CHANNEL 月額プラン(アドバンスト) 27,500円
VETS CHANNEL 年額プラン(スタンダード) 99,000円
VETS CHANNEL 年額プラン(アドバンスト) 275,000円

有料コンテンツ

2020-12-29  18分

講師 井坂 光宏先生(酪農学園大学伴侶動物外科1 准教授/アジア獣医内科学[循環器]専門医)
動物 犬,ラブラドール・レトリーバー,避妊雌,体重21kg,14歳齢
タグ 整形外科 / 鑑別診断 / 骨折